中四国PMセミナー2022 新しい時代のプロジェクトマネジメント~問題解決とイノベーション~

中四国PMセミナー2022テーマ
 『 新しい時代のプロジェクトマネジメント 』~問題解決とイノベーション~

中四国PM研究部会メンバー

 令和という新しい時代にプロジェクトマネジメントは進化し続ける…、その為には問題認識と解決、それにイノベーションが欠かせないのではないでしょうか?
 われわれ「中四国PM研究部会」では身近にある社会問題に対して実際に問題設定・解決をする実践活動をベースに研究活動をしています。今回はそれらのヒントになる講演のPMセミナーになりました、是非、みなさんにも聴講していただき、ご自身の問題解決に役立てていただければ幸いです。

中四国PM研究部会メンバー 山本泰、石橋伸介、増野一幸、福田幸雄、延時律夫、太田隼人、中迫博克(写真順) 

 

個人情報保護方針に同意の上申し込み

日時

2022年10月28日(金)  9:40~17:25

会場

広島YMCA国際文化センター 本館 408 〔会場参加〕〔オンライン参加〕の〔ハイブリッド開催〕
  (〒730-8523 広島県広島市中区八丁堀7-11)  〔会場参加〕は、申込先着順・椅子席のみ 20名様 迄となります。
申し込みページの〔参加方法〕欄で、「会場参加」または「オンライン参加」どちらかをお選びください
〔会場参加〕はコロナ感染症対策により、中止となることがあります。
その時には〔会場参加〕申込者は〔オンライン参加〕となりますので、ご了承ください。

(アクセス)
市内電車(5番以外)「立町」電停下車徒歩3分
アストラムライン「県庁前」駅下車徒歩5分
JR「広島」駅からタクシーで10分
広島バスセンターから徒歩5分
宇品港からJR広島駅行き市内電車(1番)「立町」電停下車徒歩3分

プログラム

※ 講師および演題は、都合により変更することがあります。
PDU取得用PMI® Talent Triangle(3つのスキル)の時間数は以下の通りです。
なお、3つのスキルの名称は次の通り変更されています。
Ways of Working:1.25(以前のTechnical)、
 Power Skills:3.5(以前のLeadership)、
 Business Acumen:1.0(以前のStrategic and Business)

 

9:40~11:10 基調講演(90分)
「創造的な問題解決の手法」
    ~TRIZを活用した体系的なアイデア創出の紹介~
 

 

大島直樹 大島 直樹  山口大学大学院 技術経営研究科 教授
 TRIZは問題解決のための帰納的な理論体系です。TRIZの考え方を身につけることで、企業が抱えている問題について自分たちの知識や経験を頼りに解決策を探すのではなく、体系的にアイディア(ソリューション)を効率的かつ効果的に創出する発想力が備わります。本日は、TRIZの考え方と応用事例を紹介します。
【講演者略歴】
1993年3月名古屋大学大学院工学研究科(博士課程)を修了し、豊橋技術科学大学電気電子工学系・助手を経て、1999年4月から山口大学に赴任する。2013年3月から2016年2月までマレーシア工科大学に出向し、2016年3月に山口大学へ復学し現在に至る。創造的問題解決、特許分析、アダプティブラーニングに関する研究、イノベーション人材育成ならびにグローバルMOT教育に従事している。

 

休 憩 (20分)

 

11:30~12:30 特別講演(60分)
「お米の真の価値を吟味して研く」
    ~白米の形が日本酒の酒質を変える~
 

 

新山伸昭 新山 伸昭  株式会社サタケ プラント事業本部 プラント営業部 酒米専任 部長
 126年前、弊社は日本で初めて動力式精米機を開発した。その結果お米を小さく研く事が出来る様になり、世の中に吟醸酒が誕生する事となった。それ以降日本酒の原料であるお米の精米について研究して来た。そして今回“真吟(しんぎん)”と言う新たな形状の白米が誕生した。様々なメリットがある真吟、新たな価値の日本酒を醸して頂ける。そう確信している。全国の酒蔵が使用する白米、その選択肢の一つとしてお薦めしたい。米の品種、水、麹、酵母、仕込み方の他、白米形状が新たな酒質を生む。今回はその具体的な内容と今後の日本酒の可能性について、原料米の観点から解説する。
【講演者略歴】
1964年 広島県出身。株式会社佐竹製作所(現 株式会社サタケ)入社。一級建築士。設計部3次元CADや業務用炊飯事業の立ち上げ後、醸造精米事業の再構築に従事。広島本社にて全国事業所や海外事業拠点の支援を実施。「cBNをロールに用いた効率的な扁平精米を可能とする精米に関する研究」で令和3年度日本醸造協会技術賞を受賞。

 

昼 休 み (60分)

 

13:30~14:30 講演-1(60分)
「ボールパークが街に活気を呼び込む」
    ~マツダスタジアムの魅力と地域活性化~
 

 

日高洋 日高 洋  一般社団法人地域価値共創センター 理事
 原爆被災後の広島の復興において、市民の心の拠り所であった広島東洋カープ。1957年に竣工した旧広島市民球場は築50年近くが経過して老朽化し、その対策は大きな課題であった。2004年のプロ野球界再編論議を経て、ようやく地域は一体となって新球場建設に取り組み、2009年3月マツダスタジアムが竣工。その後の目覚ましいカープの活躍と大きな経済波及効果により、地域が活性化するとともに、球団運営のイノベーションを起こした。
【講演者略歴】
1962年島根県生まれ。九州大学建築学科卒業後、建設会社を経て、1987年広島市役所入り。長年、広島市の都市政策に関わり、マツダスタジアムの建設等の事業にも携わる。経済観光局長を務めた後、2021年3月早期退職、現在、星槎道都大学建築学科客員教授等も務めながら持続可能な地域づくりに取り組んでいる。

 

休 憩 (20分)

 

14:50~15:50 講演-2(60分)
「55歳で地方銀行に転職して、銀行DXを考えてみた」
    ~日本の地方の将来に銀行ができること~
 

 

島本栄光 島本 栄光  株式会社ふくおかフィナンシャルグループ IT統括部 部長
 おそらく、プロジェクトマネジメントに関する話はほとんど出てこないでしょう。が、私(島本)自身の自己紹介および過去の経歴をベースとした、55歳で転職したバックボーンと顛末のお話で、みなさんのこれからのキャリアやお仕事のヒントになれば、と。
 キャリアの中でたまたまかかわったネットバンクの立ち上げと、その後の銀行ITガバナンスとか。
 地方銀行について、外から見ていたものと中に入って感じたこととの違いとか。
 DXやこれからの銀行サービスがどのような形になっていくのかの予測とか。
【講演者略歴】
1988年 第二電電(現KDDI)入社。
2000年 KDDI合併に伴うシステム統合プロジェクトに従事。
2006年 モバイルネットバンク設立準備室に異動。
2007年 じぶん銀行(現auじぶん銀行)開業、その後11年間ITガバナンス全般担当。
2018年 KDDI帰任、法人向けネットワークSIマネージャ(MUFG担当)。
2020年 KDDI退職、FFGへ転職。

 

 

休 憩 (20分)

 

16:10~17:25 特別講演(75分)
「地方のICT & プログラミング教育の展望」
    ~あきたかたSTERAM教育フォーラム事例~
 

 

増野一幸 増野 一幸  あきたかたSTREAM教育フォーラム 代表
 あきたかたSTREAM教育フォーラムは、Science,Technology, Team, Robotics, Engineering, Art, Mathematicsの融合したSTREAM教育を目指し、安芸高田市で発足しました。2019年、総務省「地域ICT実証事業」の採択をうけ、ICT教育者の少ない田舎でもICT教育が可能なことを実証。2020年、プログラミング教育必修をうけ、安芸高田市内すべての小学5、6年生のICT講師。2021年、安芸高田市内の全小中学校の教員にICTスキルアップ講習、高校にてドローンプログラミング。地域のICT教育の対象世代を広げており、当会がプロジェクトマネジメントをベースにした展開戦略と今後の活動について話します。
【講演者略歴】
システムエンジニア/プロジェクトマネージャーを10年経験後、地元の広島県安芸高田市で農林業を行いつつ、中四国PM研究部会にてPM実践研究やワークショップを企画しつつ、地元に密着したプロジェクトの実践10年。ICT、プログラミング教育の「あきたかたSTREAM教育フォーラム」を設立。「中四国PM研究部会」副代表。

 

ページトップに戻る

オンラインPMセミナー視聴

PC等をインターネット接続して視聴します。Wi-Fi以外での接続は通信料金にご注意ください。
視聴にはZOOMアプリが必要です。申し込みの前に  こちら にて接続確認テストをしてください。
セミナー3日前に、ZOOMウェビナーへの『アクセスURL』と『講演資料のダウンロードURL』を申し込みいただきましたメールアドレスへお送りします。

参加費

(消費税込み)
PMAJ個人正会員 3,500円
PMAJ法人正会員の社員または職員 5,000円
PMC、PMS、PMR有資格者 5,500円
ENAA賛助会員の社員または職員/PMI®会員/ITC資格者 7,000円
一般 8,000円
学生 (学生を本分とする方。社会人学生は対象となりません。証明書等発行なし。) 無 料(要申込)
PMAJ法人正会員及びENAA賛助会員の社員または職員の方がお申し込みをされる場合には、必ず企業名を記載してください。企業名の記載がない場合には、一般の参加費となりますのでご注意下さい。
学生の方は、FAX(03-6234-0553)または、  こちら から学生証のコピーをお送り下さい。
学生の方は無料ですが、お申し込みページから申し込みをしてください。その際、必ず学校名を記載いただき、申し込みページの「お支払い方法」では、「銀行振込→否」を選んでいただき進んでください。

支払い方法

お申し込み受付後、電子メールにて参加費等を記載したお申し込み受付確認メールをお送りいたします。
10月24日(月)までに、下記の口座にお振込みください。また、お振込み時には、参加者名及び電子メール(受付確認メール)に記載されているお申し込み番号を必ずご記入ください。
なお、受付確認メールの送付には、2~3営業日かかる場合もございますので、ご了承ください。

企業名でお振込みの場合は、事前に電子メール(受付確認メール)の返信にて参加者名、お申し込み番号及び振込み予定日を事務局までお知らせください。
請求書払いをご希望の場合は、支払期日に余裕をもって申し込みをお願いいたします。
恐れ入りますが振込み手数料はご負担ください。
クレジットカード払いの場合、請求書の発行は致しませんのでご了承ください。
なお、クレジットカード決済につきましては、受付確認メール送付後、別メールを送付いたしますのでお手続きください。
8月24日(水)までにお申し込みされ、クレジット払いをご希望された方につきましては、システム上お支払い期日が、お申し込み日から60日後がお支払い期日となりますこと、ご了承下さい。
お支払いには以下のクレジットカードをご利用いただけます。
Visa、MasterCard、JCB、American Express  個人情報の取り扱いについて
領収書をご希望の場合、申し込み時に「要望」欄にご記入下さい。
キャンセルをご希望の場合は、必ずご連絡をお願いいたします。
10月24日(月)までにご連絡を頂けた場合、ご入金いただいた参加費から振込み手数料を差引いた金額でご返金いたします。
10月25日(火)以降はキャンセル手続きはできませんのでご注意願います。
【 口 座 名 】  三菱UFJ銀行 本店 普通 0737079
【 名 義 人 】  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会
 トクヒ)ニホンプロジェクトマネジメントキョウカイ
【 振 込 人 】  参加者名及び電子メール(受付確認メール)に
 記載されているお申し込み番号をご記入ください

申し込み方法

冒頭にあります 「個人情報保護方針に同意の上申し込み」 ボタンを押してください

各種資格の証明書

お申し込みの際に証明書をご希望された方には、中四国PMセミナー終了後2週間以内に、当日ご参加いただいた方宛に、
メールにて『証明書のダウンロード用URL』を送付いたしますので印刷してご利用ください。
PMS資格者のCPUポイント : 11.5 ポイント(証明書を発行します。)
PMP®資格者のPDUポイント : 5.75 PDU(証明書を発行します。)
( Ways of Working(Technical) 1.25、Power Skills(Leadership) 3.5 、Business Acumen(Strategic) 1.0 )
ITCの実践力ポイント : 1.4375 ポイント(証明書を発行します。)
PMP®資格認定試験用受講証明書(証明書を発行します。)
 ※ “PMP”は、Project Management Institute, Inc. (PMI)の登録商標です。

協賛・パートナー企業

ピープルサート・インターナショナル、ソフトロード、アジャイルウェア、サイフォーマ
オラクル、プラネット、TIS千代田システムズ、グローバルプロジェクトデザイン
パナソニック、日立ドキュメントソリューションズ、ヘキサゴンPPM、富士通
BIPROGY、TIS、日揮グループ、JFEエンジニアリング
日立製作所、PMアラインメント、日鉄エンジニアリング、千代田化工建設
イノベーションマネジメント竹中工務店、横河電機、東洋エンジニアリング

PMAJでは、「デジタルの日(令和4年度)」に賛同し、 10月中に実施する中四国PMセミナー2022をデジタル月間賛同企画として登録しました。
2022年 デジタルの日
PMAJでは、「デジタルの日(令和4年度)」に賛同し、 10月中に実施する中四国PMセミナー2022をデジタル月間賛同企画として登録しました。

問い合わせ先

日本プロジェクトマネジメント協会  お問い合わせは  こちら  TEL : 03-6234-0551

主催:  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会 (PMAJ)
        〒106-0044  東京都港区東麻布一丁目5番2号  ザイマックス東麻布ビル 7階
        TEL:03-6234-0551(代表)
後援:  特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 (ITCA)

 

ページトップに戻る