資格関連講座/PM講座(共催・主催)

 P2M講習会・講座セミナー等
 P2M講習会
    ・PMC講習会
    ・P2Mプログラム知識習得講座
    ・PMR養成研修
    ・PMCeラーニング
    ・ミニ動画講座

 PMBOK®ガイド /PMP®関連講座等
    ・PMI® PMP®資格に関して

 PM主催講座
    ・特別講座
    ・オンライン講座
 PM共催講座

 例会
 関西例会
 SIG関連セミナー

PMAJ特別講座 『高度な課題解決力』を身に着ける『ものがたり継承法』
~プロジェクトの実践的な知恵を学び合い、混乱の時代を生き抜こう!~

お申し込みはこちらから ※ PMAJ個人情報保護方針に御同意の上、申し込みをお願いいたします。
※ 新型コロナウイルス感染症対応として、「感染症対策」の遵守をお願いいたします。
お申し込み受付は終了いたしました。 5/12現在、11名様お申し込みです。
本講座は開催が決定いたしました。  

 

【 日 時 】 2022年5月20日(金) 10:00~17:30
【 講座会場 】  日本プロジェクトマネジメント協会 会議室
                   〒106-0044 東京都港区東麻布一丁目5番2号 ザイマックス東麻布ビル 7階
本講座は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、会場(PMAJ会議室)とオンライン(ZOOMウェビナー)のハイブリッドで開催致します。
より理解を深めるために、開催後1週間、当日録画した講座のオンデマンド録画配信を行います。
また、当日ご都合の悪い方でも開催後にご視聴いただけます。
【 対 象 者 】
若手エンジニア、プロジェクト・マネジャーを目指す方、プロジェクト・マネジャー
※ 受講の前提条件はありません。
【 講座概要 】 
 当講座では、これからのプロフェッショナルが目指すべき人材像である『課題解決型プロマネ』のスキルを学習します。『課題解決型プロマネ』が求められる背景を確認し、その人材像を明らかにした上で、『課題解決型プロマネ』に必要な『高度な課題解決力』とは何かを理解します。さらに『高度な課題解決力』を身に着ける方法の一つである『ものがたり継承法』について、講義と演習、並びに受講者同士の対話を通して楽しみながら学びます。これらの一連の学びの結果として、『課題解決型プロマネ』を目指してプロジェクトの実践的な知恵を学び合う活動を明日から開始できるノウハウを習得します。
【目次】 (変更する場合がございますので予めご承知下さい)
  1. 『課題解決型プロマネ』並びに『高度な課題解決力』とは
  2. 『高度な課題解決力』を身に着ける『ものがたり継承法』
  3. 簡単にできる『ものがたり継承法』の実践方法
  4. おわりに

 
 当講座では、まず、これからのプロマネが関与する課題解決の対象が拡大していることを踏まえ『課題解決型プロマネ』の姿・定義・パーパス(存在意義)を明らかにし、その内容を今までのプロマネとの比較を通して理解します。さらに、敗戦からの復興という『混乱の時代』に社会課題や経営課題の解決を果たしたプロジェクト(PJ)を取り上げ、ものがたり継承法で次代を担うひとづくりをお手伝いします『課題解決型プロマネ』のロールモデルを紹介し、理解を深めていきます。今再びコロナ禍に代表される『混乱の時代』にあり、社会課題や経営課題を解決するためのデジタル変革(DX)プロジェクトは、試行錯誤的な課題解決の連続で、3つの修羅場が存在することを明らかにします。それを踏まえ『課題解決型プロマネ』に必要な能力とは、修羅場を乗り越える『高度な課題解決力』であり、『課題解決プロセス』を廻すために働く『課題志向性』と『課題解決力』の二つからなることを分かり易く解説します。
 複雑で困難なプロジェクトを成功させるためには、プロマネにかぎらず全てのプロフェッショナルは『高度な課題解決力』を持って自律し活躍する必要があり、その中で『類い希な課題解決力』を持つものが『課題解決型プロマネ』となることを確認します。
 この『類い希な課題解決力』を一気に習得してしまうというのではなく、まずは、プロフェッショナルとして必須である『高度な課題解決力』を身に着けることが重要です。一般に課題解決力を身に着けるには、『課題解決プロセス』を何度も繰り返し経験することが有効とされています。しかし、『高度な課題解決力』を実践の場で実体験とともに学んでいくには大きなリスクを伴います。そこでお薦めするのが『ものがたり継承法』です。
 『ものがたり継承法』は、難易度が高いプロジェクト事例を『ものがたり』にして、その『ものがたり』を疑似体験させることで、修羅場を乗り越える『高度な課題解決力』を次世代に継承させる方法です。富士通株式会社での『ナレッジ継承活動』における実践で効果が検証されています。この方法であれば、大きなリスクを犯さずに『高度な課題解決力』を身に着けることができます。
 『ものがたり継承法』の成果物の一例として、あるAI適用PJの実践を描いた『DX実践記』を使った演習を行います。主人公が発揮した『課題志向性』、この場合は「変革への強いマインド」と、ここで発揮された『課題解決力』、同じく「AI適用にあたって障壁となった技術的な課題の解決力」を疑似体験します。そこから受けた当『課題解決型プロマネ』の印象を相互に発表することが『課題解決型プロマネ』を目指すきっかけとなります。
 最後に、簡単にできる『ものがたり継承法』の導入方法について学習します。『秘密のエピソード』や『PM四択問題』の作成方法を演習も交え学んでいきます。『秘密のエピソード』とは、各自の修羅場経験を他者に伝えるために役に立つ簡単なフレームワークです。『PM四択問題』とは、PMの決断の場面を提示し、選択肢4つから正解を選ばせるもので、プロジェクト現場で発見された、課題解決のちょっとした知恵を互いに学び合うためにも使える便利な手法です。ぜひ、『秘密のエピソード』や『PM四択問題』を皆さんの現場で作成し、学び学ばせる意識で楽しみながら、『課題解決力』を互いに高め合う活動からスタートして下さい。
 
【 講 師 】
吉野 均
ものがたり継承法で次代を担うひとづくりをお手伝いします1977年3月東京工業大学卒業。同年4月富士通株式会社に入社。現役時代37年間は、主に金融機関様などのお客様向けプロジェクトを、担当者・リーダー・管理者・責任者の立場から経験。現場で起こる様々な課題解決を通し、プロジェクトマネジメント(PM)力を身に付けた。2014年6月嘱託再雇用後の5年半は、現場力・実践力といったナレッジ継承活動に取組み、その活動を通してユニークなPMノウハウ継承法である『ものがたり継承法』を確立した。退職直後の2020年1月より、在職時の43年間の経験を活かして『ものがたり継承法』の講師とナレッジハンター業を開始し、現在に至る。
2018年8月 PM学会「文献賞」受賞 : 「ものがたり」を使ってPMナレッジを継承
2020年8月 社会情報大学院大学 実務家教員養成課程 修了
 
【 募集人数 】  会場受講定員数 : 10名 (定員になり次第締め切らせていただきます。)
注意事項
お申し込み者が最少催行人数(5名)に満たない場合には、講座開催を中止する場合があります。予めご了承願います。
講座を中止する場合には開講日の1週間前までに、申し込み者各位にE-mailにて、その旨ご連絡いたします。また、お支払いいただきました受講料はご返金いたします。
【 参 加 費 】
(消費税込み)
PMAJ個人正会員 : 11,000円 (本体価格 : 10,000円)
PMAJ法人正会員の社員または職員 : 13,200円 (本体価格 : 12,000円)
PMAJ非会員 : 16,500円 (本体価格 : 15,000円)
【 申し込み締切日 】 
 2022年5月12日(木)
開催が決定致しましたので 【5月17日(火)まで受け付けます。】
【 参加費用のお支払い及びキャンセルについて 】
  参加費用は開催決定後、下記の指定銀行へお振込みください。
  恐縮ですが、振込手数料は各自ご負担いただきますよう、お願いいたします。
振込先口座名: 特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会
トクヒ)ニホンプロジェクトマネジメントキョウカイ
三菱UFJ銀行 本店 普通預金口座 7655251
  • 申し込み締切日以降のキャンセル : ご返金致しかねます。
    (未納の場合でも席を確保しますので、受講費をご請求させていただきます。)
  • 申し込み締切日前までのキャンセル : 受講費より振り込み手数料を差引いた額をご返金させていただきます。   
【 各種ポイント 】 (下記、証明書を発行します。)
必要な方は、申し込みフォームの備考欄に資格名(PMP®、PMS)を記入してください。
PMS資格者のCPUポイント : 13 ポイント
PMP®資格者のPDUポイント : 6.5 PDU相当  スキル・エリアは Technical
“PMP”は、Project Management Institute, Inc. (PMI)の登録商標です。
【 申し込み方法 】
開催日前2週間以内に
発熱や感冒症状で受診や服薬等をされた方、
感染拡大している地域や国への訪問歴がある方
は参加をご遠慮ください。
 冒頭にあります 「個人情報保護方針に同意の上申し込み」 をクリックしてください
【 感染症対策 】
感染防止のため、以下の事項をお願いいたします。
会場に入る前には、必ず手洗いをしてください。
入り口で、体温測定をさせていただきます。
また、体調等についてご質問する場合があります。
入場をお断りする場合がありますので、ご了承ください。
会場内ではマスクを着用してください。
(マスクはご持参ください)
お申し込み後に体調を崩された場合は、参加をご遠慮ください。
【 問い合わせ先 】 PMAJ事務局
                              TEL : 03-6234-0551

ページトップに戻る