P2Mの概要

 P2M概要について
 P2Mとは
    ・開発の背景
    ・特長・活用
    ・資格試験制度
    ・新版P2Mガイドブック
    ・改訂3版P2M標準ガイドブック
 P2M資格制度
 P2M資格試験
 P2M講習会・講座セミナー等
 P2M関連資料
    ・P2M関連書籍
    ・P2M説明事例集
    ・人材育成研修事例
    ・改訂3版P2M豆本
    ・P2M活用事例集
 P2M研究部会
 FAQ


  P2Mとは何か
 
   P2Mとは何か      P2Mの特長      P2Mの活用分野・イメージ
  • (財)エンジニアリング振興協会が経済産業省の委託事業として3年間のリサーチを経て2001年に発行した、日本発の「プロジェクト & プログラムマネジメント標準ガイドブック」で、2002年以来、日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)が普及を担当しています。
  • 世界有数の競争力を誇るプラントエンジニアリングのプロジェクトマネジメントにモノづくり日本のユニークなマネジメント手法を融合し、これにきわめて信頼性が高い日本のICTシステム構築のマネジメント力も加味した、「日本の競争力強化を支援する」プロジェクトマネジメントガイドブックです。
  • 開発投資とプロジェクト化ビジネスがGDPの約30%に達する「プロジェクト化の時代」にあって、P2Mは、次の様なプロジェクトマネジメントの体系であり、プログラムマネジメントの考え方や機能です
1. 確実なプロジェクト完成に導くプロジェクトマネジメント体系を提供します。
2. 個別プロジェクトの大型化・複雑化への対応に、必要な全体統合と部分のマネジメントの両方をプログラムマネジメントの考え方で包括し提示します。
3. 組織戦略とプロジェクト群の整合性を考え、プログラムマネジメントを以って、組織戦略実現のための付加価値の高いプロジェクトの組成やイノベーションを加速する仕組みづくりの段階からプロジェクトマネジメントを機能させます。
4. システムズアプローチを土台にしたマネジメント体系として、社会・経済の複雑な課題への対応、複合的なビジネス課題への対応、あるいは、開発-構築-運用-事業改革を、一つまたは複数のプログラムとして首尾一貫したサイクルで廻すことを可能としています。

■ 新P2Mタワーによる知識体系概要
 企業家、経営者、オーナー等の事業に対する熱い想いやアイデアが全体使命(ミッション)になり、それがプログラムやプロジェクトに展開され、意図した価値を実現して成果が得られる。この一連の流れを支えるマネジメントの知識体系を「新P2Mタワー」として提示しています。
新P2Mタワー

ページトップに戻る