例会開催のご案内
   
2017年11月28日 PMAJ事務局
第229回例会
 
お申し込みはこちらから ※ PMAJ個人情報保護方針に御同意の上、申し込みをお願いいたします。
個人情報保護方針に同意の上申し込み 12/11現在、25名様お申し込みです。
ITC資格者・CMAJ会員・学生の皆さんの申し込み方法
申し込み画面の最下位「ご要望等」の欄に「ITC資格者」、「CMAJ会員」又は「学生」とご記入の上申し込み下さい。
日  時 2017年12月22日(金) 19:00~20:30
テーマ 「セキュリティマネジメント実践により組織の活性化を図る!」
スピーカー 
丹野 隆志 氏 / 富士通株式会社 サイバーセキュリティ事業戦略本部
  サイバーディフェンスセンター
会  場 日本プロジェクトマネジメント協会 会議室
〒106-0044  東京都港区東麻布一丁目5番2号  トウセン東麻布ビル7階
電話 03-6234-0551 (代表) FAX 03-6234-0553
(東京メトロ日比谷線・神谷町駅 飯倉方面出口2番より 徒歩8分 /
 都営地下鉄大江戸線・赤羽橋駅 赤羽橋口より 徒歩5分)
ポイント
・ CPUポイント 3ポイント(1時間 2ポイントになります)
・ ITコーディネーター 0.375ポイント
・ PDUポイント 1.5ポイント相当 ( Leadership )
  ※ 受講証明書を発行しますのでCourse or TrainingでPDU申請をしてください。
 
講演概要:
日本の多くの会社では、セキュリティ・インシデントを防止するために、多くのことを規制する仕組みを構築している。しかしながら、これらの仕組みを運用する社員たちは、仕事の成果を出すことと相反する仕組みに直面して、疲弊している場合もある。実は、セキュリティインシデントの多くは、ヒューマンエラーによるものが多いことから、行動科学や心理学にも着目しなければならない。そうした観点から、組織として人の特性を活かし、セキュリティインシデントを減らすために、何をすべきか提言する。
講師略歴:
2003年 富士通パブリックセキュリティソリューション事業本部。公共系通信システム現場代理人に従事。
2004年 富士通自治体ソリューション事業本部。
2016年 情報処理推進機構(IPA)出向。新国家資格「情報処理安全確保支援士」制度設計・普及に従事。
2017年 サイバーセキュリティ事業戦略本部 サイバーディフェンスセンター
産業カウンセラー、厚労省キャリアコンサルタントとして、行動科学、心理学に着目したセキュリティマネジメントを推進。
日本セキュリティ監査協会(JASA)、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)、産業カウンセラー協会、日本プロジェクトマネジメント協会(編集部)等の会員活動に参画。
参 加 費
(消費税込み)
PMAJ個人正会員 : 1,600円
PMAJ法人正会員の社員または職員/ITC資格者/CMAJ会員 : 2,000円
PMAJ非会員 : 3,000円
学生(学生を本分とする) : 1,100円
支払い方法 当日受付にて申し受けます。
申込み方法
  1. 会員番号(AJで始まる英数字8桁のみ)
  2. 氏名(漢字)
  3. 氏名(ふりがな)
定員 50名 (申し込み順)
注意事項 受付時の混雑を緩和するなどの事務手続き上、次のようにさせていただきます。

事前登録がない方は、受付時に後回しになることがあります。
参加希望の方は必ず事前登録して頂きますようお願いします。
会員割引の適用は、開催2日前までに会員登録した方に限らせて頂きます。
開催当日に入会登録と例会参加申し込みを同時にしても割引適用の対象となりません。
会員、非会員で参加費に差があります。未だPMAJに入会されていない方をお誘いの場合はご注意下さい。
申し込まれた方が参加できなくなり、代理の方が参加する場合は、代理者が該当する会員資格で区分し、資格が異なれば差額を請求致します。
事務局への電子メールによる例会申込受付は致しません。
悪しからずご容赦下さい。
問合せ先 日本プロジェクトマネジメント協会 (PMAJ)
TEL : 03-6234-0551(代表) FAX : 03-6234-0553  お問い合わせはこちらへ
ページトップに戻る