PMシンポジウム
新春/P2Mセミナー

 PMシンポジウム・新春/P2Mセミナー
 PMシンポジウム2017
    ・実行メンバー募集
    ・CFP募集(一般公募)
 シンポジウム/フォーラム履歴
 シンポジウム/フォーラム記事履歴
 新春/P2Mセミナー


  PMシンポジウム2017 講演(スピーカー)募集
2017年9月14日(木)、15日(金) 開催
場所 : タワーホール船堀 (江戸川区総合区民ホール)
主催 : 日本プロジェクトマネジメント協会 (PMAJ)

 国内最大規模を誇るPMシンポジウムを 2017年は9月14日(木)から15日(金)にわたり開催致します。今回のシンポジウムも引き続き参加型シンポジウムを目指し、広く皆様から講演の一部を募集致します。募集要項は下記の通りです。奮って御応募をお願い致します。

1. 募集対象講演:
 今回は、20回目の開催となり、大会テーマとして「次世代への共創~イノベーションを支えるプロジェクトマネジメント~」を掲げました。
 大会テーマの下、以下のようなテーマについて、PMシンポジウムの会場で講演できるテーマを募集します。PM (プログラムマネジメントを含む) を適用する業種、業界、対象は問いませんが、出来るだけ理論・理屈だけでないもの、難解でないもの、独善的でないものを望みます。特に 「成功 (失敗) したプロジェクト事例」、「このような教訓を得たプロジェクト」 というような実践・実際の経験に基づく発表を歓迎します。
 但し、企業の営業活動となるような内容は、避けてください。
 PMAJ会員でなくても、応募は可能です。

 (テーマ例 --- 下記のプロジェクトマネジメントにはプログラムマネジメントも含む)
  • プロジェクトマネジメントのベストプラクティス事例
    (ビジネス / 事業の企画・推進マネジメント、個別プロジェクトのマネジメント 他)
  • 組織・企業としてのプロジェクトマネジメントへの取り組み事例
    (組織的な取り組み / 仕組みづくり 等)
  • プロジェクトの成功 (失敗) 事例
  • 赤字プロジェクトの撲滅方法
  • プロジェクトマネジメントの有効活用の方法
  • 効果的なプロジェクトマネジメント手法
  • 知識と実践のギャップ解消方法
  • コスト・マネジメント、タイム・マネジメント、品質マネジメント、リスク・マネジメントといった個別事例(← 依然として苦労している現実的な問題として)
  • PM人材の育成
  • プロジェクトマネジメントに関わる標準化への取り組み
  • その他プロジェクトマネジメントに関連するトピックス
(講演トラック名) 【2017年予定】
   ①  IT  ②  P2M  ③  エンジ・建設・公共  ④  製造・医療・農業
   ⑤  金融・流通・サービス  ⑥  PM人材育成  ⑦  未来創造

2. 応募要領
 応募者は、講演申込書をダウンロードし、2017年2月24日(金)までに E-mail にて事務局まで送付ください。
 応募に際しての主な記載項目は以下の通りです。講演申込書に記入し提出してください。

 a) 講演者氏名(1 名)、所属会社名、役職、郵便番号、住所
 b) PMAJ会員番号 (PMAJ個人会員の場合)
 c) 講演のテーマ (英語可。但し、講演は日本語でお願いします。)
 d)  希望トラック名 (第 1 希望、第 2 希望) を上記より選択
 e)  講演の概要 (2,000字程度)
 f) 講演者の略歴と講演経験
 g) E-mail、電話番号、FAX番号

  講演申し込み書は こちらから  ダウンロード して下さい。

3. 審査及び講演
 応募資料は、PMシンポジウム2017審査委員会によって、2017年3月31日(金)までに審査し、審査結果を応募者に連絡致します。採用する講演は原則 1 トラック 1 講演とします。

4. 審査基準
 審査は、PMシンポジウム2017審査委員会により厳正に審査いたします。
 なお、審査結果は公表いたしません。

5. 採用時の提出書類
 審査を経て採用され、2017年4月14日(金)(事務局着)までに以下の資料を提出した方がシンポジウムで講演を行うことができます。
  (1)本シンポジウムのアブストラクト
  (2)承諾書

6. 当日配布資料の準備
 講演者には、当日の配布資料を、使用機材・交通費に関する連絡用紙とともに2017年7月14日(金)までに電子データにて提出して頂きます。資料は、パワーポイント等で作成願います(連絡用紙は、応募結果通知時に配布いたします)。

7. その他
 講演者には、講演謝金の支払はありません。以下が支給されます。
講演者の方のPMシンポジウム2017の初日 (9月14日のみ) の無料招待 (懇親会含む)
交通費
注 ) 東京駅を起点に 100km(新幹線は300km)以遠で参加される方への交通費については、協会規定に基づき実費をシンポジウム終了後振り込みます。
 

8. 応募資料提出先
 〒106-0044 東京都港区東麻布1-5-2 トウセン東麻布ビル 7階
 日本プロジェクトマネジメント協会 (PMAJ) 事務局内
 PMシンポジウム2017講演募集係
 E-mailは  こちら
 TEL 03-6234-0551 (PMAJ事務局代表)
 FAX 03-6234-0553
以上

ページトップに戻る