PMシンポジウム
新春/P2Mセミナー

 PMシンポジウム・新春/P2Mセミナー
 PMシンポジウム2017
    ・実行メンバー募集
    ・CFP募集(一般公募)
 シンポジウム/フォーラム履歴
 シンポジウム/フォーラム記事履歴
 新春/P2Mセミナー


九州P2Mセミナー2017
 
個人情報保護方針に同意の上申し込み
  • PMAJ個人情報保護方針に御同意の上、申し込みをお願い
    いたします。
  • 11/22現在、24名様 お申し込みです。

日 時

  2017年12月9日(土)  10:00~17:00
 

場 所

  電気ビル 本館 7号会議室    (福岡市中央区渡辺通 2丁目 1-82)
アクセス 【電 車】 西鉄薬院駅より 徒歩 7分
  【地下鉄】 七隈線 渡辺通駅 (電気ビル本館 B2Fへ直結)
※ 七隈線は空港線、箱崎線とは接続しておりません

プログラム


※ 講師および演題は、都合により変更することがあります。
PDU取得用PMI® Talent Triangle(3つのスキル)は、T:Technical、L:Leadership、S:Strategic です。
時 間 セ ミ ナ ー 概 要
10:00~
主催者挨拶
前田 修    九州P2M研究部会 代表
10:10
~11:10
PMシンポジウム2017ビデオ講演
【基調講演 1】人工知能はどこから来てどこに向かうのか T

 

松原仁氏 松原 仁 氏  公立はこだて未来大学 副理事長 教授
人工知能は3回目のブームを迎えている。囲碁でコンピュータがトップレベルのプロ棋士に勝ったり、コンピュータと人間が共同で書いた小説が文学賞の一次審査を通過したりしている。その上でこれから人間と進化した人工知能がどのように付き合っていけばいいのかを考察する。
11:10
~12:10
【基調講演 2】We create “Smart & Safety”~ 持続可能な社会の実現へ ~ S

 

一法師淳氏 一法師 淳 氏  株式会社NTTファシリティーズ 代表取締役社長
昨今、地球温暖化の影響が益々顕著になり、世界規模で自然災害が拡大している。弊社はSmart(脱炭素)の取組みとして、「創エネ・畜エネ・省エネ」を柱に、太陽光発電事業、地域新電力事業など、建物単体から地域エリアまで幅広く事業を展開してきた。当社のSmartサービスを普及させることで日本全体の脱炭素社会の実現に貢献していく。
12:10
~13:00
昼 休 憩 (50分)
13:00
~14:30
基調講演
「プロジェクトの成否を分ける要件定義」
 ~要件定義の本質を踏まえた、賢いプロジェクトリスク回避策~
T

 

若杉賢治氏 若杉 賢治 氏  富士通株式会社 チーフアーキテクト
相変わらず後を絶たない上流工程起因のSIプロジェクトの失敗について、要件定義の本質の分析から、失敗に至るメカニズムを解き明かします。また、 IPA/SECでの「超上流」活動、要件定義手法「Tri-shaping」の開発等の長年の蓄積から導き出した、プロジェクトリスクを未然に回避する要件定義の進め方について、ユーザー、ベンダー双方の視点からお話しします。
14:40
~15:55
招待講演
「学生起業からこれまでの軌跡」 S

 

納富貞嘉氏 納富 貞嘉 氏  株式会社 Fusic 代表取締役社長
大学院在学中にシステム開発で起業。常に最新の技術トレンドを追いながら、様々な企業の課題解決、新規事業構築を支援。現在は、エンジニアを中心とした約50人の組織へと成長。若いエンジニア達をどのように束ねてモチベートし、成長させ、会社を発展させているのか、会社独自の採用方法や各種エンジニア支援制度、さらに評価方法などを紹介します。また、起業の経緯とこれまで、及びこれからについてお話したいと思います。
16:05
~16:50
P2M研究部会
「ユーザ企業視点によるプロジェクト成功への秘策」
 ~ITプロジェクトを成功させたいなら何をすべきか~
T

 

福本勝之氏 福本 勝之 氏  九州P2M研究部会メンバー
社員の皆が待ち望んでいた、新基幹システムの導入。2年で終わる予定が、倍の4年も掛かるという、ITプロジェクトを経験しました。
初めて外部に注文した、社内のITプロジェクトの事務局を担当した本人が、プロジェクトを成功させるためにベンダの皆さんへ伝えたいこと、ユーザの皆さんに伝えたいことをお話しします。
16:50
~17:00
質疑応答

ページトップに戻る

参加費

             
(いずれも消費税込み)
PMAJ個人正会員 3,000円
PMAJ法人正会員の社員または職員 3,500円
PMAJ資格保有者(PMC、PMS、PMR) 4,000円
ENAA賛助会員の社員または職員/PMI®会員/ITC資格者 4,500円
一般参加者 5,000円
学生 (学生を本分とする方。社会人学生は対象となりません。) 800円
PMAJ法人正会員及びENAA賛助会員の社員または職員の方がお申し込みをされる場合には、必ず企業名を記載してください。企業名の記載がない場合には、一般の参加費となりますのでご注意下さい。
学生の方は、FAX(03-6234-0553)または、  こちら から学生証のコピーをお送り下さい。
       

支払い方法

お申し込み受付後、電子メールにて参加費等を記載したお申し込み受付データをお送りいたします。
12月1日(金)までに、下記の口座にお振込みください。また、お振込み時には、参加者名及び電子メール(受付データ)に記載されているお申し込み番号を必ずご記入ください。
なお、受付データの送付には、2~3営業日かかる場合もございますので、ご了承ください。
クレジットカード払いの場合、事務手数料として一律 250円かかります。参加費にプラスしてご請求させていただきます。請求書の発行は致しませんのでご了承ください。
また、クレジットカードのお取り扱いにつきましては、11月28日(火)までのご利用となりますのでご了承ください。
なお、クレジットカード決済につきましては、受付データ送付後、別メールを送付いたしますのでお手続きください。
お支払いには以下のクレジットカードをご利用いただけます。
Visa、MasterCard、JCB、American Express  個人情報の取り扱いについて
企業名でお振込みの場合は、事前に電子メール(受付データ)の返信にて参加者名、お申し込み番号及び振込み予定日を事務局までお知らせください。
請求書払いをご希望の場合は、支払期日に余裕をもって申し込みをお願いいたします。
領収書をご希望の場合、申し込み時に「備考」欄にご記入下さい。
恐れ入りますが振込み手数料はご負担ください。
参加票は、弊協会のHPからダウンロードをお願いいたします。参加票のURLは、参加費のご入金を確認させていただいた後、12月上旬、電子メールにてご連絡いたします。
キャンセルをご希望の場合は、必ずご連絡をお願いいたします。
11月30日(木)までにご連絡を頂けた場合、ご入金いただいた参加費から振込み手数料を差引いた金額でご返金いたします。
12月1日(金)以降はキャンセル手続きはできませんのでご注意願います。
また、未納の場合でも資料や、お席は確保いたしておりますので、参加費をご請求させていただきます。代理の方の出席も可能ですので、ご理解の程お願いいたします。
その際はお手数ですが事務局までご連絡をお願いいたします。
【 口 座 名 】  三菱東京UFJ銀行 本店 普通 7655251
【 名 義 人 】  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会
 トクヒ)ニホンプロジェクトマネジメントキョウカイ
【 振 込 人 】  参加者名及び電子メール(受付データ)に記載されている
 お申し込み番号をご記入ください

申し込み方法

  冒頭にあります 「個人情報保護方針に同意の上申し込み」 ボタンを押してください
 

定 員

  先着 50名 (定員になり次第締切となりますので、お早めにお申し込み下さい)
 

各種資格の証明書

PMS資格者のCPUポイント : 11.0 ポイント(証明書を発行します。)
PMP®資格者のPDUポイント : 5.5 PDU(証明書を発行します。)
( Technical 3.25 、Leadership 0 、Strategic 2.25  )
PMP®受講証明書 : 5.5 時間(証明書を発行します。)
ITコーディネータの実践力ポイント : 1.375 ポイント(証明書を発行します。)
 ※ “PMP”は、Project Management Institute, Inc. (PMI)の登録商標です。

会場ご案内

 

電気ビル地図
 

問い合わせ先

  日本プロジェクトマネジメント協会  お問い合わせは  こちら  TEL : 03-6234-0551
 
主催:  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会 (PMAJ) 九州P2M研究部会
        〒106-0044  東京都港区東麻布一丁目5番2号  トウセン東麻布ビル 7階
        TEL:03-6234-0551(代表)  FAX:03-6234-0553
後援:  特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 (ITCA) 
 
ページトップに戻る