人財育成・働き方改革
HR-11 富士通におけるキャリアオーナーシップ
9月15日 Leadership  
 講師 富士通株式会社 EmployeeSuccess本部 Engagement&Growth統括部 人材採用センター シニアマネージャー 末松 佳子
 セッション概要 人生100年時代とも言われキャリアは長期化する一方で、ビジネスの環境変化は激しさを増し、現在と全く同じ仕事を10、20年先も続けられる可能性は低くなっている。
その中で会社は社員一人ひとりのキャリアをどのようにサポートしていけばよいのか。
富士通は2020年度より、会社が社員のキャリアを決めるのではなく、社員一人ひとりがキャリアを描き、実現していくことを会社が最大限支援する方向に舵を切った。掴みたいジョブに自ら挑戦できる制度や豊富な学びの機会等、成長を後押しする仕組みを拡充。本講演では富士通におけるキャリアオーナーシップの考え方、仕組み、活用の実態について紹介する。
 講師略歴 2006年富士通株式会社に入社し、金融部門の人事業務全般を担当。その後、日本・海外の混成組織である国際人事にて、グローバル人事制度企画・導入を経験。2019年より人材開発部門にて社員の自律な学び促進担当を経て、現在は主に採用を担当。