Hexagon
EX-5 不確実性・複雑性を管理する3つのポイント
不確実性に支配される前に管理する
9月15日・16日 Technical  
 講師 シニア インダストリ コンサルタント 松橋 健一
 セッション概要 労働力不足・サプライチェーン混乱によるインフレ圧力に加え、パンデミック発生・地政学リスク発現が事業環境の不確実性・複雑性を増幅している。つまり、VUCA(Volatality、Uncertainty、Complexity、Ambiguity)環境を管理していくことが、事業の運営および成長に不可欠な時代を迎えた。本講義ではこの環境に対応するプロジェクト管理を以下の3つのポイントで実際のツールも使いながら解説する。①進捗予測と変更管理②情報一元管理と情報活用迅速化③企業体視点でのプロジェクト管理
<講義構成>
1. 環境分析 2. ビジネスへの影響 3. プロジェクト管理の在り方 4. 具体的施策 5. ビジネス効果
 講師略歴 防衛大学校卒業、大手製造業・システムインテグレータを経て、現職。事業継続性を担保しつつ、事業戦略を推進するために、特にリスク管理を重視したプロジェクト管理を得意とする。