戦略及びビジネスマネジメント
BS-22 パーパス経営の視点からみたイノベーションマネジメント
9月16日 Strategic CFP
 講師 千葉工業大学 社会システム科学部 経営情報科学科 教授 新谷 幸弘
 セッション概要 パーパス経営とは企業の存在意義を重要視した経営のことを指す。志の経営とも呼ばれ、企業が存在する理由を深く追求することで、道筋のある経営が実現できるとされる。一方、イノベーションマネジメントとは、イノベーションを生み出し続けるための環境づくりを行うためのあらゆる手法を指す。継続的なイノベーションの創出には不確実性を前提にして、『創造/アイデアエイション』・『試行/プロトタイピング』・『学習』の循環型マネジメントが必要である。当講演では、企業の研究開発事例に着目し、パーパス・マネジメントの観点から再整理し、イノベーションマネジメントに活かす方策についてまとめる。
 講師略歴 スリーエムジャパン株式会社、横河電機株式会社等、外資系グローバル、内資系グローバル、並びにスタートアップ企業にて研究開発プロジェクトを牽引した実務経験を有する。
資格等: 博士(工)、MBA、上席化学工学技士、Registered Product Owner、Registered Scrum Master。