会員活動
AJ-7 DX成功に組織アジリティは欠かせない!
DX推進のためのアジャイル実践アプローチ
9月15日・16日 Leadership  
 講師 PMAJ 組織アジリティSIG 小原 由紀夫/今野谷 史
 セッション概要 今、ビジネス環境の変化によるプロセスや組織、企業戦略の変化に対応するDX推進が急務となっている。DXの成功には、組織として限られた時間とコストで短期に利用者に新たな価値を提供し、変化に適応し、変化を創り出す組織アジリティが欠かせない。
ソフトウェア開発にアジャイル開発を導入している企業はあるが、DX推進にアジャイルを適用するアプローチは確立されていない。組織アジリティSIGでは、日本企業における特長を分析し、DXを推進するテーマに、経営層、ミドル、チームが連携してアジャイル実践アプローチを確立し、事例により検証した。これにより日本企業のDX推進に貢献する。
 講師略歴 小原 由紀夫:富士通株式会社にて3月までDX/アジャイルを推進。日本プロジェクトマネジメント協会編「アジャイル開発への道案内」共著者。PMP®。SPC。
今野谷 史:半導体メーカに所属し、事業/製品開発部門のPMOを経て現在経営企画部門で車載向け新製品の開発、マネジメントプロセスの改善を担当。PMP®。Six Sigma Black-belt。