会員活動
AJ-5 ユーザー企業のためのプロジェクトマネジメントフレームワーク
PRINCE2®の実践
9月15日・16日 Technical  
 講師 PMAJ PM研究・研修部会 尾形 順一/田中 繁光
 セッション概要 ユーザー企業は、新しい製品やサービス開発のためにプロジェクトを組成、事業目標を達成しようとする。ただ、プロジェクトが当初の計画通りに成功した事例は少ない。
また、プロジェクトマネジメントフレームワークも、ユーザー企業のベネフィットに着目しているものが少ない。本セッションでは、ユーザー企業の視点から、プロジェクトを成功に導くために、グローバル・ベストプラクティスのプロジェクトマネジメントフレームワークであるPRINCE2®の全体像をご紹介、そして成果物重視の原則に基づいてユーザー企業のベネフィットを実現する仕組みについて解説する。
 講師略歴 尾形 順一:日立製作所、デロイトトーマツコンサルティングを経て、Ridgelinez(リッジラインズ)に参画。ハイブリッドアジャイルのマネジメント担当。PMAJ 公認PMS、PMI®認定 PMP®、PRINCE2®Practitiner。
田中 繁光:興亜火災情報システム(現:SOMPOシステムズ)に入社後、保険システムの設計・開発を担当し、2回の会社統合プロジェクトを経験。現在は生命保険のプロジェクト業務等に従事。PMI® 認定 PMP®、PRINCE2® Foundation。