会員活動
AJ-2 中小規模製造業のプログラムマネジメント
プログラムは「サービスモデルで価値創造を行う」から考える
9月15日・16日 Strategic  
 講師 PMAJ Advanced PMR Club 藤澤 正則
 セッション概要 2005年から17年間、食品メーカーの中小規模の組織において、「事業環境が変化する中で自分達の締め切りのある想いを実現する」ために、P2Mの見方、考え方、進め方を活用してきた。特に、プロジェクトマネジメントやP2Mになじみのない組織に対しては、「自分達の実現したいことは何か」を明確にした上で「それを実現するための進め方として、3Sモデルを活用したフレームワークで行うと、効率的かつ有効的に進めることができる」と説明し、関わる人に成果を実感してもらえるように進めていった。
この講演では「サービスモデル(運用モデル)で価値創造を行う」から考えるP2Mの3Sモデルの活用方法について紹介します。
 講師略歴 1985年4月食品メーカ入社、生産工場(製造管理)、本社(機械販売)、外部出向(コンビニエンスストアの組合)、本社(工場計画支援、事業支援と人材育成)を経験し、2010年よりグループ内出向(本社:工場計画支援、経営支援と人材育成、社外監査役など)。PMS(2002年)、PMR(2005年)、優秀貢献賞受賞(2019年)。