2018年度 P2M講習会の年間スケジュールと講座内容
 
 P2M講習会は下表の3つのコースがあり年6回開催します。各回の受講申し込みはPMC講習会の開始2ヵ月前から可能です。第1回は2018年3月1日に募集を開始します。
 
※ 開催地は全て東京となります。
  PMC講習会 P2Mプログラム
知識習得講座
P2Mプログラム
実践研修
直近の試験日程
<講座内容> <講座内容> <講座内容>
第1回 1日目 5月9日(水)  【PMC資格試験】
 7月10日~31日(申込締切 : 6/30)

2日目 5月10日(木)
3日目 5月16日(水)
4日目 5月17日(木)
1日目 5月23日(水)    【PMS資格試験およびPMSプログラム試験】
 6月1日~30日(申込締切:5/20)
2日目 5月24日(木)
  1日目 5月30日(水)  
2日目 6月6日(水)
第2回 募集中 募集中 募集中  【PMC資格試験】
 9月10日~30日(申込締切 : 8/31)

1日目 7月7日(土)
2日目 7月14日(土)
3日目 7月21日(土)
4日目 7月28日(土)
1日目 8月11日(土)    【PMS資格試験およびPMSプログラム試験】
 10月1日~31日(申込締切:9/20)
2日目 8月18日(土)
  1日目 8月25日(土)  
2日目 9月1日(土)
第3回 1日目 9月19日(水)  【PMC資格試験】
 11月10日~30日(申込締切 : 10/31)

2日目 9月20日(木)
3日目 9月26日(水)
4日目 9月27日(木)
1日目 10月3日(水)    【PMS資格試験およびPMSプログラム試験】
 10月1日~31日(申込締切:9/20)
2日目 10月4日(木)
  1日目 10月10日(水)  
2日目 10月17日(水)
第4回 1日目 11月3日(土)  【PMC資格試験】
 1月10日~31日(申込締切 : 12/31)

2日目 11月10日(土)
3日目 11月17日(土)
4日目 11月24日(土)
1日目 12月1日(土)    【PMS資格試験およびPMSプログラム試験】
 2月1日~28日(申込締切:1/20)
2日目 12月8日(土)
第5回 1日目 1月9日(水)  【PMC資格試験】
 3月10日~31日(申込締切 : 2/28)

2日目 1月10日(木)
3日目 1月16日(水)
4日目 1月17日(木)
1日目 1月23日(水)    【PMS資格試験およびPMSプログラム試験】
 2月1日~28日(申込締切:1/20)
2日目 1月24日(木)
  1日目 1月30日(水)  
2日目 2月6日(水)
第6回 1日目 3月2日(土)  【PMC資格試験】
 5月10日~31日(申込締切 : 4/30)

2日目 3月9日(土)
3日目 3月16日(土)
4日目 3月23日(土)
1日目 4月6日(土)    【PMS資格試験およびPMSプログラム試験】
 6月1日~30日(申込締切:5/20)
2日目 4月13日(土)

 PMC講習会 講座内容 】  
 講座名称 :  PMC講習会
 講座内容 :
P2Mにおけるプロジェクトマネジメントの体系的知識を理解する。
PMC資格試験の受験要件としてPMC講習会を修了していることが条件となります。
第1日目  1. P2M概要と特徴 (P2Mガイドブック : 第1部)
 2. プロジェクトマネジメント (P2Mガイドブック : 第3部1章)
 3. 統合マネジメント (P2Mガイドブック : 第3部2章)
 4. ステークホルダーマネジメント (P2Mガイドブック : 第3部3章)
 5. スコープマネジメント (P2Mガイドブック : 第3部4章)
 6. タイムマネジメント (P2Mガイドブック : 第3部6章)
 7. 品質マネジメント (P2Mガイドブック : 第3部9章)
 8. コミュニケーションマネジメント (P2Mガイドブック : 第3部11章)
第2日目  9. コストマネジメント (P2Mガイドブック : 第3部7章)
    ・ コスト見積り    ・ 予算設定    ・ アーンドバリューマネジメント
    ・ コスト管理
 10. 情報マネジメント (P2Mガイドブック : 第4部5章)
    ・ 情報マネジメント    ・ 情報インフラストラクチャー
第3日目  11. 資源マネジメント (P2Mガイドブック : 第3部5章)
 12. 調達マネジメント (P2Mガイドブック : 第3部10章)
 13. リスクマネジメント (P2Mガイドブック : 第3部8章)
    ・ リスクの特定    ・ リスクの分析評価    ・ リスク対応策の策定
第4日目  14. 組織マネジメント (P2Mガイドブック : 第4部3章)
 15. 人材能力基盤 (P2Mガイドブック : 第6部)
    ・ 人材能力基盤の形成    ・ リーダーシップ    ・ 多文化対応
    ・ コミュニケーション能力とコミュニティの創造

 P2Mプログラム知識習得講座 講座内容 】
 講座名称 :  P2Mプログラム知識習得講座
 講座内容 :
PMS資格試験、PMSプログラム試験の試験対策コースであり、P2Mプログラムマネジメントの知識の中で、試験対策上重要である部分を理解する。
第1日目  事業経営基盤 (第 4 部) と知識基盤 (第 5 部)
 1. 事業とプログラム (第 4 部 1 章)
 2. プログラム戦略手法 (第 4 部 2 章)
 3. システムズアプローチ (第 5 部 1 章)
 4. 知識・情報資産 (第 5 部 2 章)
 5. 価値と価値評価 (第 5 部 3 章)
第2日目  プログラムマネジメント (第 2 部)
 6. 会計とファイナンス (第 4 部 4 章)
 7. プログラムとプログラムマネジメント (第 2 部 1 章)
 8. プログラム統合マネジメント (第 2 部 2 章)
 9. プログラム戦略とリスクマネジメント (第 2 部 3 章)
 10. 価値評価のマネジメント (第 2 部 4 章)
  (注)  ( ) 内はP2M標準ガイドブックの部・章を示す。

 P2Mプログラム実践研修 講座内容 】 
 講座名称 :  実務事例討議を含むプログラムマネジメント実践研修
 講座内容 :
プログラムマネジメント活動の基本的なプロセスであるミッションプロファイリングとプログラムデザインを理解する。
事例と自らの事業テーマを通じて、プログラムマネジメントに必要な基本の考え方と手法の理解を深める。
第1日目  1. 講座概要
講義全体の流れとプログラムとは何かを確認する。
 2. ミッションプロファイリング
経営者や事業責任者の「思い」を受けて、プログラムミッションを表現し、プログラムで生み出すべき価値をデザイン
プログラムを推進するためのシナリオを事業モデルの記述の手法である「ビジネスモデル・キャンバス」を活用して、分析
 【 事例演習 】
 3. プログラムデザイン(戦略マップとプロジェクトへの落とし込み)
プログラムデザインの目的とプロセス
プログラムデザインを構成するプログラムアーキテクチャーとプログラム実行の仕組みの設計
プログラムライフサイクルを設定した上で、「戦略マップ」を活用して、事業シナリオを描き、プロジェクトに展開
 【 事例演習 】
検討(一週間)  第1日目の事例検討を参考に、自らの事業で、ミッションプロファイリングとプログラムデザインを実践する。
第2日目  4. プログラム戦略とリスクマネジメント
プログラムシナリオを描くためのプログラム戦略マネジメント、戦略目標マネジメント、組織戦略とプログラム
プログラムリスクマネジメント
 5. 自らの事例でのプログラムマネジメント
作成した自らの事業を発表し、相互に検討
 プログラムミッションは明確か
 プログラム戦略の有効性と妥当性
 シナリオのわかりやすさ 等

ページトップに戻る