PMAJジャーナル執筆要綱
  寄稿論文募集案内へ
 記述フォームを整合させて頂きたく、下記の執筆要綱(一般的な論文書式)に準拠した記述にご協力ください。(過去のジャーナル論文をご参照頂ければ幸いです。)

・書式: A4版で横書き1段組とする。
・タイトル: フォント14で太字1行、1行で入らない場合フォント12で1行の明朝体。
英語のタイトルをその下に1行で入れる。英数字は半角。 (論文の場合)
・副題: 特に指定しないが、必要な場合はフォント12でタイトルの下に入れる。
・本文: フォント10.5のワード形式で明朝体を使用。英数字は半角。
・執筆者名: 著者名は所属、職位を入れ、タイトルの右下にフォント12で入れる。
執筆者のお名前のヨミをカタカナ又はローマ字で記述する。
・論文要旨: 最初に論文要旨を8行以内にまとめ、その下にキーワード5~6語つける。 (論文の場合)
・頁数: 論文は要旨、文献すべてを含みA4版ワード書式で6頁 : 6,000字以内を目途。
・本文: 本文には章や節の設定に3段階で番号を付すことができる。
章の設定の前の行は1行空白とする。
番号の設定事例 : 1. 2. 3. 次に 1.1、1.2、2.1、2.2 など、
そして3段目は①、②、③ とする。結論部は8行以内にまとめる。
・図表: 図表を入れる場合は、説明文に関連がわかるように近辺に割付、表は上部、図は下部に本文を通した連番および簡単なタイトルをつける。
・参考文献: 参照した文献は、最後の項目を設定して、次の要領で記載する。
    (和文事例)
    出口 弘 「組織の失敗と評価のランドスケープ学習」組織科学、
    Vol.38、No.2、pp29‐38、組織学会、白糖書房、2004
    (英文事例)
    Miller,William.L, Fourth Generation R&D, The Knowledge Channel,
    pp127-128, John Wiley&Sons,Inc., 2002
・著者紹介: 下記の事例を参考に、各位の自己紹介を記述する。(150文字程度)
 
山田太郎: 某製鉄会社の機械部門入社、 社内・国内・海外エンジニアリング・プロジェクトの業務に従事(1960~1997)。1997年石原事務所。PM研修講座、講演、著書・投稿などを通じてPMの普及を目的に活動。PMAJ会員、PM学会会員。
お顔写真も合わせてお送り願います。
・執筆謝礼: 薄謝(図書券)を差し上げます。
以上